読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」

ジュブナイルのようで死人率高い…


あらすじ
やった!これでようやく宇宙に行ける!16歳の誕生日に両親からプレゼントされた小型スペースクーペを改造し、連邦基地のチェックもすり抜けて、そばかす娘コーティーはあこがれの星空へ飛びたった。だが冷凍睡眠から覚めた彼女を、意外な驚きが待っていた。頭の中に、イーアというエイリアンが住みついてしまったのだ!ふたりは意気投合して〈失われた植民地〉探険にのりだすが、この脳寄生体には恐ろしい秘密があった…。元気少女の愛と勇気と友情をえがいて読者をさわやかな感動にいざなう表題作ほか、星のきらめく大宇宙にくり広げられる壮大なドラマ全3篇を結集!

装丁と裏腹にハードSFでした。
出てくる元気少女が総じて悲惨な目に合います。どうゆうことなの。
設定自体は王道なんだけど作者の独特な人間観・死生観が印象的です。
タイトルが非常に有名で、一人歩きしてる感ありますね。実際の物語では悲壮なニュアンスある。

関係ないけど子ども時代のジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの写真みつけたから載せときます。
_with_Kikuyu_people