読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

愛のむきだし




あらすじ
自殺サークル』の異才・園子温が実話をベースに“真実の愛”を描く237分の純愛エンタテインメント。敬虔なクリスチャン一家に育ち、気付けば天才的な盗撮のカリスマとなっていたユウ。そんなある日、彼は運命の女・ヨーコと出会い恋に落ちる。

園子温映画を評価する軸って“熱量”だと思うんですね。
この人の脚本て探そうとすれば細かい粗から大きい粗までいくらでも見つかるんだけど、そもそも映画という虚構にリアリティー求めてもキリがないし。
物語として破綻しない最低限の整合性取った上で突っ走る印象あります。
だいたい盗撮魔が「勃起!勃起!」連呼する映画ですよ、これ。そこに写実的な精緻さ求めても。

好きな人のパンツ見るのが愛なのか?好きな人のパンツ見るのが愛なのだ!

そう断言する熱量に観客は圧倒され、まさに愛のむきだしが目の前に広がるわけです。
テンポいいカット割、登場人物の演技、止め画と長回し、そういった映画としての基本も完璧に押えてある。
邦画史に残る傑作。