読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

アンディ・ウィアー「火星の人」

読書
原題はThe Martian、つまり火星人


あらすじ
有人火星探査が開始されて3度目のミッションは、猛烈な砂嵐によりわずか6日目にして中止を余儀なくされた。だが、不運はそれだけで終わらない。火星を離脱する寸前、折れたアンテナがクルーのマーク・ワトニーを直撃、彼は砂嵐のなかへと姿を消した。ところが――。奇跡的にマークは生きていた!? 不毛の赤い惑星に一人残された彼は限られた物資、自らの知識を駆使して生き延びていく。宇宙開発新時代の傑作ハードSF。

まさに宇宙版ロビンソンクルーソーでした。SFというだけでなくサバイバル物の系譜に連なる名作。
作者がギークを明言しているだけあってギーク的なギミックの数々が面白いです。
知識を武器に火星でジャガイモ栽培に成功する流れが熱い。
ぶっちゃけ人物描写は無きがごとしです。1年以上の孤独に人間て耐えられるものなの…
作者はネットから発掘された新人で、昔発表した『卵』という短編が面白いな~と思ってたらベストセラー作家になってました。つまりワシが育てた。

ちなみに映画化が決まっています。
 
なんでタイトル変えるの…