読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」


あらすじ
“辺境の人”に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の“千里眼奥様”と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。―千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。旧家に生きる三代の女たち、そして彼女たちを取り巻く一族の姿を鮮やかに描き上げた稀代の雄編。第60回日本推理作家協会賞受賞。

とても面白かったです。
第1部は劣化「百年の孤独」といった感を拭えないのですけど、2部では非常に漫画的というかジャパニメーション的な法螺話が展開する。
3部に至り近代を生きるワタシが大きな物語を希求するという現実的な構造に着地するのも上手い。
時系列は連続しているのに各部で物語のあり方が違うの頭いいな~と思いました。
この作者は構成力が頭抜けてるのではないか。

関係ないけど日本家族の群像劇では北先生「楡家の人びと」 が面白いのでおすすめです。