読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」


あらすじ
「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして―。あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。

ギミックは優れているが話自体は拙い作品 
いわゆるミステリ読みからの評価は高いが、一般読者には際物として扱われてしまう軽さがある 
著者もその弱点を自覚していて最後に補遺を載せたのだろうが、尚もって重いテーマに対する筆力が不十分と感じた 
節子の扱いがそれでいいのかよ、とか