読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

藤子・F・不二雄「モジャ公」

体毛濃い子って高確率でモジャ公よばわりされる気がする


あらすじ
ある日突然やって来た宇宙人のモジャ公&ロボットのドンモと”宇宙へ家出”した空夫。予測不可能なドタバタ大冒険が始まる!単行本初収録の幻の第2話や、「地球最後の日」の別バージョン、『たのしい幼稚園』版(フルカラー)も含め、1冊に完全に納めたファン感涙の決定版!!

子供向け藤子作品としてはかなりの異色作 
人間と宇宙人の子供による宇宙探検なんだが、出てくる世界がどれもディストピアめいている 
そこに冷静な観察眼による現代社会批判が込められているのは間違いない