読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

伊坂幸太郎「あるキング」


あらすじ
天才が同時代、同空間に存在する時、周りの人間に何をもたらすのか?野球選手になるべく運命づけられたある天才の物語。
山田王求はプロ野球仙醍キングスの熱烈ファンの両親のもとで、生まれた時から野球選手になるべく育てられ、とてつもない才能と力が備わった凄い選手になった。王求の生まれる瞬間から、幼児期、少年期、青年期のそれぞれのストーリーが、王求の周囲の者によって語られる。わくわくしつつ、ちょっぴり痛い、とっておきの物語。『本とも』好評連載に大幅加筆を加えた、今最も注目される作家の最新作!!

ある種の運命論。
王に付き従う者、王と敵対するもの、王を無視するもの。
様々な王⇔大衆の在り方を描くことで人間の色んな側面を描いてるのかなと思った。
構成が何気に凝っていて面白い。乃木→栗田の流れが時代を超越して繋がるとことか。
ほんと才能ある作者が自分の書きたい話を書いたって感じです。