読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

津村記久子「君は永遠にそいつらより若い」


あらすじ
大学卒業を間近に控え、就職も決まり、単位もばっちり。ある意味、手持ちぶさたな日々を送る主人公ホリガイは、身長175センチ、22歳、処女。バイトと学校と下宿を行き来し、友人とぐだぐだした日常をすごしている。そして、ふとした拍子に、そんな日常の裏に潜む「暴力」と「哀しみ」が顔を見せる…。第21回太宰治賞受賞作にして、芥川賞作家の鮮烈なデビュー作。

痛いほどに綺麗な小説でした。
年若い著者が丹念に一語一語を選んだことが伝わってきて、ふとした文章が心の深い部分に訴えてきます。
理不尽なこと、間違っていること、あってはいけないこと、そうしたものは人生にありふれているけれど抗う意志を持ち続ける大切さ。
ホリガイさんの誠実に世界と関係していこうとする姿が本当に切実で。
「魂が潰されないために」 と題された松浦理英子さんの解説も本書の価値を的確に捉えており素晴らしかったです。
必要とする全ての人に手にしてもらいたい傑作。
 
けれどガラス戸を壊していたときのわたしは、その行為があの子につながっていると信じていた。