読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

沢木耕太郎「深夜特急 2 マレー半島・シンガポール」

バンコクの食堂で会った少年のくだりは感動する。


あらすじ
香港・マカオに別れを告げ、バンコクへと飛んだものの、どこをどう歩いても、バンコクの街も人々も、なぜか自分の中に響いてこない。〈私〉は香港で感じた熱気の再現を期待しながら、鉄道でマレー半島を南下し、一路シンガポールへと向かった。途中、ペナンで娼婦の館に滞在し、女たちの屈託のない陽気さに巻き込まれたり、シンガポールの街をぶらつくうちに、〈私〉はやっと気がついた。 
 
華僑圏ということで香港・マカオと文化的に大きな差異はないんだけど、沢木さんが滞在するのは現地人も利用する安宿なので市井の人々との交流が図られる。
観光旅行と異なり実際の生活に触れているのが良かったですね。
東南アジアの国民性は日本人に近いのかもな~と思った。
巻末にある高倉健との対談がエキセントリック。