読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

Faith No More

Faith No Moreは現在に連なるミクスチャーの大元となったバンドです
特に代表曲「Epic」はメタルにラップを乗せるという手法を初めて提示したとされています
奇行が目立つ変人ボーカルを筆頭にアクの強い演奏陣が揃っていて、後に飽和状態になったミクスチャー界でも一つ抜けていたんじゃないかと

Epic



時代の先を行く男、マイク・パットンの名作
ラップメタルの礎になった「Epic」が入ってる
サバスをカバーしたりとメタリックなギターが目立つが一筋縄ではいかない曲調ばかり
今とは違ったミクスチャーの形が提示されている


大ミクスチャーアルバム
本作に比べると前作はメタルとして纏まっていたんだなと思う
これジャンル意味わかんないからね
ファンク色、東洋テイスト、シンフォ的なキーボードに変態ボーカル
ギターが少し引っ込み、要所要所でメタリックな旋律を覗かせる
そういったカオスが紙一重の所で統一されているのは、パットンのセンスのなせる業だろう
極端な話、この時点でミクスチャーの可能性は全て出揃ってしまったんじゃないかと