読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

Disturbed

90年代以降のHR/HMはモダンヘヴィネスとミクスチャーが入ってきて完全に変容した
今のバンドは大体その延長線上にある
重苦しい轟音ギターを聞くだけで一般人は暴力的な音楽だと勘違いしがちだがそれは結構間違っている
何気に人生の悲哀とか信仰の重要性とかがテーマになったりしてる
中でも飽和状態のラップメタルに新風を吹き込んだDisturbedに注目したい
帝王オジーをして「メタルの未来」と言わせた独特の歌唱は一聴すべき
人間が吼えるとはこういうことかと感心すること間違いなし
「ぽぉう」とか「んぱぁ」って掛け声を真似しましょう

Disturbed - Prayer



似たり寄ったりのヘヴィーロックが多い中で個性を確立できたのはこいつらぐらいだ
ラップとシャウトが合わさった様な異常な歌唱は誰も真似出来ない
リフも印象的だし味付け程度のテクノロジーも程よい
「down with the sickness」とか最高だろ
「おぅあっ」「んっがががが」とかの奇声はふと思い出すと笑いがこみ上げるが聴いてる時はえらくカッコいい


綺麗にまとめてきた2nd
バラードもやっちゃう
統一感が増して、少し丸くなったような
代表曲「Prayer」が入ってる