読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

Joy Division / New Order

ピストルズのライブを契機に結成されたJoy Divisionはカリスマ性を持つイアン・カーティスを旗頭にパンクの後継者になるはずだった
だが、全米ツアー直前にイアンの自殺によってバンドは消滅する
イアン亡き後残されたメンバーはNew Orderを立ち上げ、音楽性を大きく変化させテクノとロックの融合へと向かう
現代全てのテクノの基礎とまで言われるのは1つの到達点だろう
ここら辺の経緯シド発狂後のフロイドに近いね

New Order: Ceremony @ NYC

NO結成直後のライブ、凄い下手糞なのが良い
元々JD時代に作った曲だけど「愛が僕らを引き裂く」と歌ってたイアンの曲にはならなかったのは残念である
「Watching forever, forever, Watching love grow」の歌詞が泣ける


マンチェスターの伝説
本来時代を率いていくはずの存在だった
編集盤でありアルバム未収録の曲がまとめてある
代表曲「Love will tear us apart」をはじめどれも心を揺さぶってくる
後にコートニー・ラヴは「素晴らしい曲というのは聴く人の人生に触れてくるもの。」と述べ同バンドを引き合いに出していることからも、オルタナに対する影響というのが有ったんじゃないかと
体を蝕んでいく病、崩壊する家庭、周囲からのプレッシャー
これが「どん底」
イアン・カーティス、享年23歳
その墓標には上述の曲名、すなわち「愛が僕らを引き裂く」と刻まれている


全般的にポップな作風で聴き易い
他のアルバムよりは曲の平均点が高めな気がする
「Bizarre Love Triangle」みたいなキラーチューンも入ってるし
演奏が恐ろしくへったくそなのも良い
「Every Little Counts」の
「君といると いつも豚みたいだと思う 動物園にいればいいのに」
の部分でバーニーが耐え切れず笑い出すとこは何時もニヤけてしまう


Joy Divisionの残党
ストパンクからニューウェーブへの橋渡し
絶対的なカリスマの喪失が逆に彼らを特別な存在にしている
「UKで最も重要なバンド」の肩書きに嘘はない
アルバムだと途中でだれがちなので初心者はここから入ろう
イアンへの問いかけで始まる「Blue Monday」から決別の「Regret」までの軌跡は偉大だ
「1963」はこのバージョンが一番好き