読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれん家の本棚

音楽・映画・書籍なんかのテキトーな感想。フツーにネタバレする。

Korn / Korn

ヘヴィロックの祖、KORNの1st この不安を煽るジャケが内容に実に合っている どんだけ重低音好きなんだよってギターと、異様に強固なリズム隊、負の感情を撒き散らすボーカル 色んな意味で重すぎ 「Blind」から全ては始まったのだでも「KORNのサイコセラピー…

Cinderella

80年代でメタルでシンデレラですよ。どんだけコテコテだっつー話。shake me懐かしのLAメタル、シンデレラのベスト盤 ボン・ジョヴィの弟分として登場したものの、ブルース基調の渋いHRをやっている 歌い方も当時としては異彩を放つしゃがれたハスキーボイス…

Breaking Benjamin / We Are Not Alone

Diary of Jane※この曲は入っていない結構水準が高いへヴィメタル暇だったのかビリー・コーガンもやたら参加していたりどれも掴みが良くて、ゲームに使用されるのも納得ですね「So cold」かっけえ次作の「Nooooooooooooo!!!」でブレイクした。主に2ちゃんで

Nickelback / Long Road Limited Digi

someday安定した楽曲を提供する健全なロックバンド静と動の繰り返しがグランジ通過後って感じがするが、現代のHRの形態だと思うこれは一過性の人気じゃないな「Someday」がとても名曲

NELSON / After the Rain

I can't live without youafter the rainネルソン家は親子3代で全米一位のヒットを飛ばした記録を持ってたりするサラブレッドである。 時はLAメタル全盛期であり上手く乗っかる形になった ちょっとダサいけどこの健全なポップス感は誉められて然るべきでし…

Mr. Mister

kyrie懐かしきミスター・ミスターのベスト 何かTOTOと被る キャリアの長いメンバーの確かな技術に裏付けされていて、安心して聴ける AORの後継者は出ないんでしょうか 「Kyrie」が洒落てて素敵

Skid Row / Slave to the Grind

ヘアメタルではないよねSlave to the Grind2nd 前作よりもメタル要素を押し出して来たのが意外 そうした硬派な面が彼らを本物に見せている セバスチャン・バックが居た最後の作品であり、ここまでがスキッドロウだった印象が強い

Incubus / Morning View

nice to know youdriveジャケットそのままに爽やかな作品 巷に何ちゃってミクスチャーが溢れていた時期に出たけれど、ジャズやらの要素が入ってて個性を確立している似た作品をまず見かけないですな中近東や亜細亜ぽい旋律もあってワールドミュージックの要…

Damn Yankees

ダサかっこいいですhigh enoughcoming of age Night RangerとStyxのメンバーが在籍したスーパーバンド 「馬鹿なアメリカ人」の名前通りに底抜けに明るいHRを演じている ヒットしたバラード「High Enough」だけでなく、骨太なロックが集まっていてまごうこと…

Puddle Of Mudd / Come Clean

blurry 声がカート・コバーンに似てるそれだけなら注目する程でもないが本作には「blurry」というキラーチューンが入ってる断トツで同年のベストトラックだと思いますね、アルバムは微妙もう一度、同レベルの曲を期待したいところです

Warrant

アイドルみたいや!HeavenI Saw Red懐かしのLAメタル 当然ながらヒット曲は基本バラードである 結構良いと思うがアクの弱さが没個性になっている いかにもな80年代なんだよな。そこが好きなんだけど アコースティック版の「I saw red」は沁みます

Heart

美人姉妹バンドというコマーシャル性を差し引いても良曲多かった。歌唱力の上昇と共に肉体が肥大していったのは残念ですね。BarracudaAlone 70~80年代前期までのベスト 商業的には産業ロック期の方が遥かに成功しているんだが、この頃が一番持ち味出てたと…

TOTO / TOTO IV

RosannaAfrica邦題「聖なる剣」 グラミー賞7部門を制覇した最高傑作 AORとHRを合わせたような音楽性なんで広く受け入れられたんでしょう徹底した職人芸で成り立っており遊びの要素が一切感じられない 産業ロック呼ばわりされることがあるが、この完成度は大…

EUROPE

The Final Countdown元祖北欧メタル代表曲「The final countdown」はちゃっちゃらら~らのイントロからして出オチというか、まあ誰でも知ってる良曲この曲以降からメタルにシンセ持ち込むのが流行ったそうなクラシカルな響きもして、シンフォニックの土台に…

Bullet for My Valentine / Poison

やたらバーン!のウケがいいバンドTears Don't FallThe Poisonレーベルが同じということでロスプロがメタルに振れた感じ格好もストリートファッションぽいですエモいというか歌い方が女々し過ぎる気もするこの時期は経験の不足から演奏が安定しないが曲は書…

Korn

ラウドなギターでリズムがHIPHOPこのスタイルが斬新だったのですBlindAlone I BreakFreak On A Leashヘヴィロックの祖、KORNの1st この不安を煽るジャケが内容に実に合っている どんだけ重低音好きなんだよってギターと、異様に強固なリズム隊、負の感情を撒…

Dream Theater

正統派メタラーの拠り所みたいになってるバンドメンバーはバークリー音楽大学出身で知られ、楽曲にもクラシカルな趣が感じられるなお、目立たないボーカルに対し某メタル誌が投げた「あなたは正式なメンバーですか? それとも雇われですか?」という問いはあ…

Meat Loaf / Bat out of Hell

ロックオペラと言えばクイーンとこの人という程だったりするその割にB級映画にちょくちょく出てるんだけどBat Out Of HellHeaven Can Wait邦題「地獄のロックライダー」3000万超と世界でも有数の売り上げを誇る作品その一方で日本で受けないのもよく分かるひ…

The Darkness / Permission to Land

当時のブレア首相も愛聴してたらしいどういうことなの・・・I Believe In A Thing Called LoveGet Your Hands Off My Woman何だったんでしょうねこの人達 クイーン+AC/DCの形容が的確すぎるサウンド ロックスター然とした佇まいはフレディー・マーキュリー…

Led Zeppelin

前にNHKラジオでやってた「一日HR/HM三昧」という番組で、12時間ぶっ通しの末に流れたのが「天国への階段」だったんですよ予定調和っちゃそうなんだけど、やっぱ〆に相応しい曲って他に考えられないよなーとStairway to Heaven彼女は天国への階段を買おうと…

Nine Inch Nails

ロックにテクノロジーを導入したという功績ではレディヘに並ぶと思うHurtThe Day The World Went Awayスラッシュメタル色が濃いインダストリアル作品 グラミー取ったりとNINブレイクのきっかけとなりました とにかく早く激しいので、そういうのが好きな人は…

Extreme / Pornograffitti

Decadence DanceMore Than Wordsファンクメタル LAメタル文脈で語られがちだが、当時のシーンとは明らかに異質な作品 カリスマギタリスト、ヌーノ・ベッティンコートの演奏は唯一無二のグルーヴを持っていますアコースティックな「more than words」が有名だ…

System of a Down / System of a Down

System of a Downはヘヴィ・ロックの大物その楽曲の多くはアメリカに対するカウンターになっているこうしたバンドが時代に合わせて現れるのがUSシーンの健全性だと思うんですよね日本で同じことやるとホルモンみたいなコミックバンドになっちゃうのはどうし…

STAIND

STAINDはポスト・グランジ四天王の一角フレッド・ダーストに見出されたことから「ラップのないリンプ」と評されたりするヘヴィロックの中だとメロディーありきで作ってる所が異質ですね、それに歌詞が暗いのも特徴的しかし、ポスト・グランジはジャンル分け…

AC/DC / Back in Black

世界で一番売れたロックアルバムは何気に本作だったりするじゃあ、もの凄く複雑な事をしているかというと、半ズボンのおっさんが一本調子で叫んでうるさく演奏するだけであるつまり、ロックとはそれなのだHell's Bellsオーストラリアから出てきた変わり種ど…

Audioslave

好きだったんだけどなオーディオスレイヴ前身が有名すぎるバンドは、その後が企画物とみなされるきらいがあると思ふBe YourselfLike a stone SGとRATMの面子が集ったスーパーバンドどちらも元のバンドが偉大過ぎる為、比較されてしまい正当な評価が下されな…

Tool

Toolは90年代から活動しているロックバンドです一時期の2ちゃん洋楽板では「唯一神Tool」みたいなスレが乱立したほど、局所的に異常な人気を誇ることで知られています音楽的にはヘヴィロックで括られるものの、複雑な曲構成からキング・クリムゾンと比較さ…

Ministry / Psalm 69

インダストリアル・メタルはこれかNINの「ダウンワード~」から入るといいと思うのですNew World OrderJesus Built My Hotrod原題が解読不能なため収録曲から詩編69と呼ばれている テクノとメタルを融合させた記念碑的な作品でありインダストリアルメタルの…

Lostprophets

UK出身のニューメタル・バンド最初はリンキンと比較されたりもしてました新譜が出たらしいthe fake sound of progressこれがA Town Called Hypocrisy こうなるいかにもなニューメタルなんだが、煮え切らないまま終わる構成が面白いその分飽きにくいというか …

北欧メタル

北欧はメタル大国でしられ普通にチャートに登場したりする 北欧メタルとかジャンル名になってるしね ここら辺の人たちは北欧神話をテーマにドラゴンとの死闘だのをピロピロギターとオーケストラをバックに歌い上げる アニソン臭いのでその筋の人たちからも変…

Queensryche / Operation: Mindcrime

このアルバムは神すぎるんで個別レビューそもそもこの作品が出た1988年はレーガン政権真っ只中であり、保守化が進んだ時代だった事が背景にあるそうした社会情勢に対する反発として作られた訳ですねストーリーは近未来、抑圧的な管理社会を舞台に薬中のニッ…

Queensryche

Queensrÿcheはシアトル出身のメタルバンドこのバンドはHM史で転換点として知られていて、非常に特異な立場だったりする登場した時は「プリーストを継ぐ正統派メタル最後の砦」とか言われてたんだが、3枚目「Rage for Order」では急にデジタル化を押し進めメ…

Faith No More

Faith No Moreは現在に連なるミクスチャーの大元となったバンドです特に代表曲「Epic」はメタルにラップを乗せるという手法を初めて提示したとされています奇行が目立つ変人ボーカルを筆頭にアクの強い演奏陣が揃っていて、後に飽和状態になったミクスチャー…

Guns N' Roses

HRはLed Zeppelinで始まりGuns N' Rosesで終わったと言われたりしますバラードばかり歌う薄っぺらな自称不良共がHRを形骸化させていく中で、ガンズは本物だったのが一番の違いですね 殺人以外は何でもやった等の武勇伝は数え切れません 1st「Appetite For De…

Rush

YYZ日本における四大プログレはキング・クリムゾン、イエス、エマーソン・レイク&パーマー(EL&P)、ピンク・フロイドとされ此れにジェネシスを加えて五大バンドとされる事もある しかしながら世界ではこれにラッシュ(Rush)が加わります プログレの定義は…

Def Leppard

三大ポップメタルはBon Jovi、Van Halen、Def Leppardとされている 前2つに比べて日本でのデフレパの認知度が低い気がする Def LeppardはNWOBHM華やかりし頃に颯爽と登場したバンドで着実に評価を上げていった 84年には快作「炎のターゲット」で大ヒットを…

Deep Purple / Live In Japan

日本ではツェッペリンとパープルが二枚看板のように扱われるがそれはこの国だけだったりする現地ではツェッペリンが絶対的パープルの問題点はメンバー交代が頻繁過ぎるのに尽きるレインボー・ホワイトスネイクといった関連バンドも含めるとその業績は比類な…

Rammstein / Sehnsucht

ドイツは昔からメタルが盛んな国でジャーマンメタルとして一つの分野を成している とは言え、スコーピオンズとかはジャーマンといいながら英語で歌っていてインチキ臭さがあった現在最も有名なのがラムシュタインで、このバンドは完全にドイツ語で歌っていな…

Disturbed

90年代以降のHR/HMはモダンヘヴィネスとミクスチャーが入ってきて完全に変容した 今のバンドは大体その延長線上にある 重苦しい轟音ギターを聞くだけで一般人は暴力的な音楽だと勘違いしがちだがそれは結構間違っている 何気に人生の悲哀とか信仰の重要性と…

産業ロック

80年代はHR/HMが全盛期を迎えてチャート上位を抑えてた 腐るほど色んなバンドがいたせいで評論家には産業ロックと呼ばれ、馬鹿にされるが失礼な話だと思う 覚えやすいメロディー、流麗なギター、CMまで使えるポップさ マンネリではなく完成形と言うべきだね …